バレンタインに?抹茶テリーヌ * レシピ

先日作ったばかりの抹茶テリーヌショコラ。配合と作り方を変えてみました。作り方も簡単に、扱いやすく形も整えやすくなったかな。ベストの仕上がりは、人気の「シェ・アガタ」の抹茶テリーヌを食べてみないとわからないけれど(笑)

抹茶スイーツが得意でない下の娘が「抹茶味の薄いのが食べたい」というので、今回は不本意ながら抹茶を1/4まで減らしてホワイトチョコ感が強め。下の娘はホワイトチョコ好きなので、ホワイトチョコの中にほんのり抹茶が香るお菓子はおいしいというのです。

断然濃い抹茶派のわたしと上の娘は、抹茶パウダーをたくさんふりかけていただくことにしました。

明後日はバレンタインですね♪ ということで、もうすでに遅いかもしれないけれど、レシピを載せてみます。

抹茶テリーヌ レシピ (覚書)

材料(18㎝のパウンド型1台分)
ホワイトチョコレート 200g
バター(食塩不使用) 50g
生クリーム 100cc
グラニュー糖 40g~50g
抹茶パウダー 8~20g
コーンスターチ 10g
卵 2個

下準備

  • 型に合わせてカットしたオーブンシートなどを敷いておく。
  • ホワイトチョコレートは小さく刻む。
  • オーブンは170度に予熱。
  • 湯せん焼き用の湯をわかしておく。

作り方

  1. ホワイトチョコを大きめのボウルに入れ、そこに小鍋で軽く沸騰させた生クリームを注ぐ。30秒ほどおいてからホイッパーで静かに混ぜて溶かす。
  2. バターを湯せんまたはレンジで溶かし、①に加えてホイッパーで混ぜる。
  3.  コーンスターチと抹茶パウダー合わせて、茶こしで①のボウルに少しずつふるい入れながら、だまにならないようにホイッパーで混ぜる。
  4.  別の大きめのボウルに卵を溶きほぐし、グラニュー糖を加えて混ぜる。湯せんにかけて40度前後まで温めながらもったりするまで泡立てる。
  5. ④を①に加えてホイッパーで切るように混ぜ合わせ、ゴムベラで底から返すように均一になるまで混ぜる。
  6. 型に流して台に軽くトントンと打ち付けて大きな気泡を消す。
  7.  オーブンの天板にふきんを置いた上に型をのせる。天板に熱湯をそそいで160度に落として1時間湯せん焼きする。途中20分くらいしたら焦げないようにアルミホイルをかぶせる。お湯がなくなりそうなら足す。
  8. 完全に冷ましてから型から出し、冷蔵庫でしっかり冷やす。
*ホワイトチョコは分離しやすいので、分離しにくい①の溶かし方がおすすめ。温度変化でも分離しやすいので、バターを加えるとき、卵を加えるときは同じくらいの温度にすると安心。
*卵の泡立て方の違いはそんなに仕上がりに影響せず、失敗にはならないと思うのでそんなに気にしなくて大丈夫。
*抹茶と砂糖の量はお好みで。20gは濃いめ(多分25gくらいまでなら入れられそう?)、8gで抹茶の香り…って感じかな?今回の下の娘用には5gでした。抹茶が多めなら砂糖も多めに。
*型の下にふきんを置くのは、直接高温に触れさせず火の当たりをやわらかくするため。
*切るときは温めた包丁で切るとキレイに切れます。

お好みで抹茶パウダーをふりかけて、ホイップした生クリームなどを添えて。わが家のパウンド型は20㎝のものですが、18㎝のほうが高さが出ていいですね。

見た目はシンプルだけれど濃厚でとろけるようなテリーヌ。プレゼントしてもらったら嬉しいと思います。もしよかったら試してみてくださいね。

わが家のバレンタインは・・・

・・・と書いてみましたが、わが家はバレンタインは延期です。下の娘は例年この時期は定期試験なので、試験が終わったら皆で友チョコを交換する予定。

また上の娘は今日インフルエンザB型が発覚してしまいました。ちょうど高校で受験休みが始まるところで楽しみな予定も色々あったようですが、友チョコ交換も含めいくつもキャンセルになってしまいそう…。

今はチョコどころか食欲もないので、わが家にとっての2度めのインフルエンザをまずは乗り切りたいと思います。あ、夫はチョコはいらないと言うので、あげるとしても娘たちの友チョコ配布のお裾分けでよいかな(笑)。

みなさま、バレンタイン楽しんでくださいね♪


今日もお越しいただきありがとうございます。
いいね!のかわりにお花をclickしていただけると嬉しいです♪
↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


LEAVE A REPLY

*